栃木県のイベント情報まとめ

佐野市の名物や名産品が買える人気のお土産屋さん

佐野市の名物や名産品と、人気のお土産スポットをまとめてみました。

栃スポ編集部
観光やレジャー後に是非寄ってみてくださいね。

佐野市のお土産スポット

佐野市観光物産会館

佐野市観光物産会館

お店の特徴

  • 約1,300種類の商品が並ぶ、佐野市で一番大きなお土産屋さん。
  • 食品から工芸品までバリエーションに富んだ品揃えが魅力。
    佐野市のゆるきゃら「さのまる」のグッズも充実。
  • 佐野厄除け大師の目の前にあるので、参拝帰りに気軽に寄れる。
栃スポ編集部
お土産の種類がとにかく豊富なので、佐野市の主要なお土産品ならほとんどココで手に入ります。

佐野市観光物産会館で売っている人気のお土産品

  • 佐野らーめん
  • 佐野の地酒
  • 味噌まんじゅう
  • 桜あんぱん
  • 地ソース
  • 天明鋳物

「観光パンフレット」もたくさん置いてあるので、佐野市を観光する際の基点にもなりますよ。

観光物産会館の店内写真

店舗情報

住所 栃木県佐野市金井上町2519
電話番号 0283-21-5111
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休(臨時休業あり)
WEBサイト 佐野市観光物産会館




観光農園アグリタウン

アグリタウン

お店の特徴

  • 新鮮な地場産の青果物がたくさん!
  • 佐野アウトレットからのアクセスが良好!
  • いちご狩りを始め、フルーツ狩りも多数
  • 佐野の物産品や特産品も取り揃っている。

アグリタウンはお土産品だけでなく、新鮮な地場産の青果類をたくさん取り揃えている観光農園。
直売だけでなく、いちご狩りやブルーベリー狩りなど、各種フルーツ狩り体験も可能です。

栃スポ編集部
喫茶店で売っている「ジェラート」も絶品!ぜひ一度ご賞味あれ!

アグリタウンのジェラート

店舗情報

住所 栃木県佐野市植下町802-4
電話番号 0283-20-5215
営業時間 9:30~17:00
定休日 不定休
駐車場 80台あり(無料)
WEBサイト アグリタウン

さのまるの家

さのまるの家イメージ写真

お店の特徴

  • さのまるグッズの品ぞろえがピカイチ!
  • JR佐野駅のすぐ近くにあるので、アクセスは良好!
  • 佐野市の観光案内も行っている。
  • 休日にはさのまるが遊びにくることも。

食品に雑貨、文房具や衣料品など、さのまるグッズのほとんどがココでそろいます。

さのまるだけでなく、くまもんやバリィさん、ぐんまちゃんなど、他のゆるキャラグッズも多数。

栃スポ編集部
「ふなっしー」とコラボしたぬいぐるみは、今となっては激レアかも。

さのまるとふなっしーのコラボ商品

店舗情報

住所 佐野市高砂町2790 野口ビル1F
電話番号 0283-20-3055
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休(月に1回不定休有)
駐車場 佐野市役所南側の駐車場に駐車可(無料)
WEBサイト さのまるの家

みかも山観光物産会館

みかも山観光物産会館

お店の特徴

  • 佐野市の名産品・地元の新鮮野菜などを販売。
  • いちごや柚子のジャム、ハーブを使ったアロマグッズも。
  • 土曜の朝市では新鮮な青果が安く手に入る。

すぐ隣には無料で入れる「みかもハーブ園」があり、40種類以上のハーブが栽培されています。
パスタやナンピザ、ハーブティーが楽しめる食事処「香楽亭」も隣接されており、のどかな風景を眺めながら一休みすることができます。

香楽亭の一番人気は「ラベンダーソフトクリーム」。

栃スポ編集部
ラベンダーの香りがほのかに漂う、上品なソフトクリームです。

ラベンダーソフト

店舗情報

住所 栃木県佐野市黒袴町630-1
電話番号 0283-27-1255
営業時間 8:30~16:00
食事処は9:00~16:30まで
定休日 土・日・祝日のみ営業(平日は休み)
駐車場 みかも山公園西口の駐車場が利用可(無料)
WEBサイト みかも山観光物産会館
MEMO

隣接する「みかも山公園」の各施設へは、「フラワートレイン」で行き来でできます。
フラワートレインの利用は有料(こども300円/おとな500円)です。




道の駅どまんなかたぬま

道の駅どまんなかたぬま

お店の特徴

  • 地場産の野菜や特産品がたくさん揃っている。
  • 佐野市だけでなく、周辺地域の人気商品もある。
  • 無料の足湯スポットがあるので、疲れを癒すのに最適。

「道の駅どまんなかたぬま」は、全国の道の駅の中でも5本の指に入る売上高を誇る、超人気スポット。

「どまんなか」という名前は、佐野市の田沼地区が日本のほぼ中心に位置することから名づけられたそうです。

栃スポ編集部
お土産やグルメだけでなく、夏場は「お化け屋敷」、冬場は「イルミネーション」など、季節によってさまざまなイベントが開催されています。

どまんなかたぬまのイルミネーション

どまんなかたぬまのイルミネーション

店舗情報

住所 栃木県佐野市吉水町366-2
電話番号 0283-61-0077
営業時間 施設によって時間が異なります。
定休日 水曜日
備考 電気自動車(EV)用急速充電スタンドあり
WEBサイト 道の駅どまんなかたぬま

葛の里 一番館

葛の里

お店の特徴

  • 定食屋と居酒屋、物産店と喫茶店が入っている。
  • 近くに「葛生化石館」や「吉澤記念美術館」、「安藤勇寿少年の日美術館」などミュージアムが多数あり。

葛の里一番館は、石灰の町として知られる「葛生」にある多目的施設です。

すぐ近くにある「葛生化石館」は化石マニアからも一目置かれている博物館で、迫力ある化石や標本がおいてあります。

栃スポ編集部
葛生化石館は入館無料にも関わらず、「フズリナ」という化石の石灰岩をお土産にもらえるのも嬉しいポイント!

店舗情報

住所 佐野市葛生東1-11-15
電話番号 0283-86-3332
営業時間 9:00~17:00
定休日 毎週月曜日(祝日の翌日が土 ・日曜の場合は開館)
年末年始、その他臨時休館あり




佐野市の名物や名産品を紹介

続いて、佐野市の『名物』『名産品』を簡単に紹介したいと思います。
気になる商品があったら、先ほど紹介したお土産屋さんでチェックしてみてくださいね!

佐野らーめん(お土産用)

佐野らーめん

お土産品でも人気No.1なのが、佐野の代名詞ともいうべき「佐野らーめん」です。
青竹打ちのちぢれ麺とスープがセットになっており、人気店の味を家でも楽しめます。

栃スポ編集部
お土産用の佐野らーめんは、『楽天市場』でも購入できます!

いもフライ

いもフライの写真

『いもフライ』とは、蒸したジャガイモを串に刺して揚げた後、特製ソースをかけて仕上げた佐野発祥のB級グルメ。
揚げたてのジャガイモとフルーティーなソースが相性抜群です。

一本60円から100円と価格も安いのでおやつにピッタリ!
店によってソースの味が異なるので、食べ比べてみるのも面白いですよ。

栃スポ編集部
佐野市観光協会のサイトから、『いもフライマップ』がダウンロードできます!

佐野市の地酒(開華・愛乃澤)

佐野市の地酒

佐野市の地酒は「開華」「愛乃澤」が有名です。
開華は佐野市の良質な水と栃木県産の米を使用しており、柔らかな米の旨味とふくよかで洗練された香りが特徴。
愛乃澤は県内で初めて醸された純米酒として、米の旨味を感じられるやさしい口当たりのお酒です。

桜あんぱん

桜あんぱん

北海道十勝産小豆のこしあんをたっぷり使用した『桜あんぱん』
パンのへそにある塩漬けの桜花が彩りを添えています。

栃スポ編集部
『桜あんぱん』は佐野サービスエリアでも購入できます。

ミツハフルーツソース

ミツハソース

旬の生野菜とフルーツ、香辛料がたっぷりと入った昔懐かしい地ソース。
いもフライにも使われており、じゃがいもとの相性は抜群です。

栃スポ編集部
『ミツハフルーツソース』は、道の駅どまんなかたぬまで販売されています。

天明鋳物

天明鋳物

佐野の鋳物師によって作られた鋳物の工芸品を『天明鋳物』と呼びます。
鋳物というと花器や茶釜をイメージする方が多いかもしれませんが、昔懐かしいベーゴマも鋳物の1つなんです。

栃スポ編集部
『天明鋳物』は佐野市観光物産会館などで販売されています。