栃木県のイベント情報まとめ

宇都宮市の大手パーソナルジム4選!各ジムのメリットとデメリットを徹底比較

宇都宮市には現在、「ライザップ」「リボーンマイセルフ」「24/7ワークアウト」「ラムダ」というパーソナルジムがあります

4つとも人気のパーソナルジムではあるのですが・・・

「この4つのジムって何が違うの?」
「自分にはどれが合っているのかな?」

と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

そこで今回は、宇都宮市にあるパーソナルジムのメリットとデメリットを、私の体験談を交えながら紹介していきたいと思います。

宇都宮市の4大パーソナルジムの特徴を比較!

それでは、4つのジムの特徴を比較していきたいと思います。
まずは基本的な違いを知るために、下の表をチェックしてみてくださいね。

MEMO
ラムダの料金は特殊なので後述しています。

←スマホは横にスクロールできます。

 ライザップリボーン
マイセルフ
ワークアウトラムダ
入会金50,000円20,000円38,000円後述
基本コース298,000円200,000円196,000円後述
料金合計348,000円220,000円234,000円後述
ジムの内観豪華キレイ普通キレイ
トレーナー男性・女性女性のみ男性・女性男性のみ
※2019年時点
食事指導ありあり(ゆるめ)あり(一部)トレーナーに
よって異なる
返金制度全額返金一部返金全額返金なし
最寄り駅東武宇都宮駅JR宇都宮駅JR宇都宮駅JR宇都宮駅
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※価格は全て税抜です

合計料金を比較してみると・・・

  • 一番安いのが「リボーンマイセルフ」
  • 一番高いのが「ライザップ」

となっています。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

差額はなんと128,000円!

結構な差がありますよね。
でも実はライザップに限っては基本的にこの金額じゃ通えません。
一番安くてこの価格!って感じなんです。

なぜかというと、ライザップは「サプリやプロテイン」を別途購入する必要があるんですね。

▼ライザップ宇都宮店の料金と体験レポートはこちらの記事で

【体験レポート】ライザップ宇都宮店でパーソナルトレーニング!料金や気になる疑問を知っておこう

ただしその分、ライザップは設備や食事指導などが他のジムより充実しています。

ライザップは「万能筋トレマシン」が使い放題!

ライザップの万能筋トレマシン

でも正直、私はこの「万能筋トレマシン」を1回も使いませんでした。

週2回のトレーニングだけでヘトヘトでしたし、自宅からジムまで遠かったから自主トレのためにライザップへ行く気力が出なかったんですよね・・・。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

つまり、かなりストイックにトレーニングしたい人以外、ライザップは設備過剰ともいえるわけです。

結果的に10kg以上痩せられたから後悔はしてないんですけど、ライザップを通い終えた今考えると「他のパーソナルジムでも全然オッケーだったかもしれないな・・・」というのが正直な感想です。


というわけで、私が考えるパーソナルジム選びの最重要ポイントは「何を重視して何を妥協するか」

そのため今回は、各ジムの特徴だけでなく「メリットとデメリット」についても詳しく紹介していきたいと思います。

それでは、参ります!

ライザップ宇都宮店

ライザップ宇都宮店の外観

実績、知名度ともにNo.1なのが「ライザップ」 です。
有名人を起用したビフォー・アフターのCMが非常に印象的ですね。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

私は2年ほど前に通いましたが、満足度は非常に高かったです。

▼ライザップ宇都宮店のメリットとデメリットがこちら!

ココがGood!
  • ダイエットメソッドが洗練されている!
  • 食事サポートが充実!
  • トレーナーの変更がしやすい!
  • 30日間無条件返金制度がある!
ココがBad!
  • 料金が高い!
  • サプリとプロテインが高い!
  • 成果が遅れてくると、オプションサービスを提案される場合も

一番のメリットは、先行者ゆえに蓄積され研究され尽くしたダイエットプログラムにあります。

それに加え、採用率3%と言われる厳しい選考を勝ち上がったトレーナーが、マンツーマンでサポートしてくれるので成果が出やすくなっているんですね。

この辺は資金力のあるジムの強みだな、と感じました。

というわけでライザップ宇都宮店に向いているのはこんな方!

こんな人にオススメ
  • 食事サポートを手厚く受けたい!
  • ジムで自主トレもしたい!
  • 何が何でも結果を出したい!

ライザップは予算に余裕があれば「あらゆる方法」を使って確実にコミットしてくれるので、資金に余裕のある方なら迷わずライザップで良いと思います。

リボーンマイセルフ宇都宮店

リボーンマイセルフ宇都宮店の外観

「リボーンマイセルフ」は、トレーナーが全て女性という「女性専用のプライベートジム」です。

ダイエットプログラムの内容としてはライザップとほぼ同じなのですが、リボーンマイセルフのほうが糖質制限がゆるかったり、部分痩せや産後ダイエットコースなどが設けられているなど、より女性に寄り添ったサービスが充実しています。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

ジムはすごく明るい雰囲気で開放的!ライザップより敷居が低く感じました。

リボーンマイセルフ宇都宮店のトレーニングルーム

▼リボーンマイセルフ宇都宮店のメリットとデメリットがこちら。

ココがGood!
  • 料金が安い!
  • サプリやプロテインを買う必要なし!
  • 勧誘行為なし!
  • 食事制限がゆるめ!
  • トレーナーが全員女性!
  • 提携の駐車場あり!(駐車料金無料)
ココがBad!
  • ジムでの自主トレは不可
  • 食事指導はライザップのほうが指示が細かい
  • 全額返金制度がない(一部返金は可)

リボーンマイセルフ宇都宮店は「提携駐車場」を完備しているため、車でも通いやすいのが嬉しいポイント!

また、トレーナーが全員女性なのも大きな魅力です。

なぜかというと、パーソナルジムのトレーニングってめっちゃキツイので、トレーニング中は確実に「うめき声」が出ます。悶絶に近い表情も晒さなければなりません。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

そのため、男性トレーナー相手に自分の素をさらすのが苦手な人は「リボーンマイセルフ」のほうが安心かも。

それとリボーンマイセルフは通常「個室」ではないのですが、宇都宮店に限っては「個室」でのトレーニングが可能!

料金も宇都宮店は都内より20,000円やすい設定となっているので、めっちゃお得です!

サプリやプロテインを購入する必要もないので、私のように予算ギリギリで通いたい方は「リボーンマイセルフ」を選んだほうが幸せになれると思います。

ちなみに、トレーニングの様子は見学可能!
私も「無料カウンセリング~見学」までしましたが、今思うとライザップとそこまで差はない感じでした。

ただし食事指導の方法は結構違ってくるのでご注意を!

リボーンマイセルフの食事指導

STEP.1
初回
食べてOKなものとNGなもののレポートをもらう
STEP.2
普段の生活
それに従って、毎食実践する
STEP.
トレーニング時
トレーニング時にチェックしてもらい、アドバイスをもらう
繰り返し

基本的に「紙ベース」での報告がメインになります。

食事制限もライザップほどのストイックさはないですが、実生活に活かせるような「現実的なアドバイス」をくれるので、期間終了後でも役立ちそうな感じでした。

24/7ワークアウト宇都宮店

24/7ワークアウト宇都宮店の外観

「24/7ワークアウト」の魅力は、なんといっても料金の安さです。
ライザップに比べて10万円以上も安いのは非常に魅力的ですよね!

ただしその分、ライザップと異なる部分もいくつかあります。

▼24/7ワークアウトのメリットとデメリットがこちら。

ココがGood!
  • 料金が安い!
  • プロテインが無料!(トレーニング時のみ)
  • トレーニング時間が長い!(1回75分)
  • 営業時間が長い(7:00~24:00まで)
ココがBad!
  • 食事サポートは徹底していない。
  • 店舗の設備は決して豪華ではない。
  • 全額返金を利用するには条件あり。

ワークアウトの場合、無料カウンセリングをしてくれた方がそのままトレーナーになる可能性が高いです。これはワークアウトのスタッフがライザップより少ないのが原因みたいですね。

相性が悪ければ変更が効かないというデメリットもあるのですが、逆にいえば最初からどのトレーナーが担当になるのか分かるというメリットもあります。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

ワークアウトの場合は「トレーナーと気が合わなそうだな、と思ったら入会前に判断することが重要」になってくるわけですね。

また、ワークアウトの食事サポートはライザップほど徹底しているわけではありません。

食事サポートは「必要に応じてやってもらえる」と言った程度なので、基本的には自己管理が重要になってきます。(トレーニングのときに食事内容を確認されたり、分からないことがあったらメールで質問するスタイル。)

MEMO
ただし、食事の摂り方については入会の際にしっかりと説明してくれるそうです。

そういったことから考えると、24/7ワークアウトは短期集中型のパーソナルジムといえるのかもしれません。

24/7ワークアウトはトレーニング時間が75分と長いので、余裕をもったトレーニングが出来ます。

正直ライザップは時間が短い分、日によって「下半身中心のトレーニング」と「上半身中心のトレーニング」に分かれてしまうことが多々ありました。

でもホントは、初心者こそ上半身と下半身をまんべんなく鍛えたほうが断然楽なんですよね。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

スクワット中心の回は、足が生まれたての小鹿のようにガクガクしてました。

そういった意味では、ワークアウトのようにトレーニング時間が長いほうが負荷が少なくて続けやすいと言えますね。

24/7ワークアウトは「ライザップほどトレーナーが食事サポートに時間を取られない分、結果的に料金が安くなっている」といった感じ。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

自己管理ができる方なら「24/7ワークアウト」は非常にコスパの良いパーソナルジムといえそうです。

ラムダ

ラムダの外観

「ラムダ」は栃木ブレックスや栃木SCのストレングスコーチを務める「横山翔太」さんが運営するパーソナルジム。

個人運営のジムだけあって、他のパーソナルジムとは料金体系やシステムが結構違います。

▼主な特徴は次の3つです。

ラムダの特徴!
  • トレーニング期間は1年間の「年会費制」
  • 専属トレーナーがランク別に分けられており、自分で選べる。
  • トレーナーのランクによって料金やサービスが大きく異なる。

▼ラムダのトレーナーランクと料金、提供可能なサービスがこちら。

ラムダのトレーナーランクと料金表

年会費は9万円から80万円までと、結構幅があります。

また、これとは別に「1回トレーニングをするごとに6,000円のパーソナルトレーニング料金」がかかるそうです。

ココがGood!
  • 専属トレーナーを自分で選べる!
  • 1年間のスパンで計画を経ててくれる!
  • トレーナーの実績がHPに紹介されている!
ココがBad!
  • トレーニング期間は、最低1年から。
  • 全額返金制度がない。
  • トレーニングの予約をキャンセルすると、前日で20%、当日は80%のキャンセル料がかかる。

ラムダ最大の強みは、「専属トレーナーを自分で選べる」こと。
1年間という長い期間だからこそ、気に入ったトレーナーと過ごせるメリットは魅力的ですね。

2カ月、3カ月といった期間で申し込むことができないため、パーソナルジム未経験者がいきなり申し込むのは敷居が高いかもしれません。

逆に「じっくり腰を据えてトレーニングしたい方」には打ってつけの向けのパーソナルジムと言えそうです。

入会前に知っておきたい「各ジムの返金制度」

料金

パーソナルジムに欠かせない要素の1つが「返金制度」です。

高いお金を払うだけに、自分に合わなかったり、トレーナーとの相性が悪かった場合のショックは大きいですよね。

そんな場合でも無理して通わないで済むように「返金制度」というものがパーソナルジムには用意されています。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

この返金制度の内容は各ジムによって大きく異なるので、事前によくチェックしておきましょう。

ライザップの返金制度

ライザップには、「30日以内なら、いつ如何なる理由であろうと全額返金する」という「無条件全額返金制度」が設けられています。

これはつまり、

  • 効果が出ないからやめたい。
  • トレーナーと相性が悪いからやめたい。

といった理由だけでなく、

  • お金がもったいなくなったからやめたい。
  • トレーナーが嫌いだからやめたい。
  • やる気が出なくなったからやめたい。

といった個人的な理由でも全額まるまる戻ってくる、という超強気な保証制度となっています。

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

ただし、購入したサプリやプロテインなどの料金は対象外となるのでご注意を。

リボーンマイセルフの返金制度

リボーンマイセルフもライザップ同様、効果が出ない場合だけでなく、トレーナーとの相性が悪かったり、施設や設備に不満がある場合でも返金してくれる制度が用意されています。

しかも返金のための期限は設けられておらず、いつでも申請することが可能!

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2019/10/fuwari.jpgふわり

30日過ぎた後でも解約可能なのは大きな魅力ですね。

ただし、リボーンマイセルフの返金保証は「全額」ではありません。

返金してもらえるのは、残りのトレーニング回数分の料金から手数料を差し引いた金額です。
(手数料は20,000円または残金10%のどちらか安い方の金額が適用されます)

また、「返金の適用には一部条件がある」という記載があるため、トレーナーのルールに従わなかった場合などは返金に応じないことがあるかもしれません。

3つのパーソナルジムの中では唯一「全額」返金保証に対応していないリボーンマイセルフですが、「トレーニングした分はお金を払ったほうが辞めやすいな」と思っている方には良いシステムかもしれませんね。

24/7ワークアウトの返金制度

ワークアウトには「全額返金制度」が設けられています。

ただしこちらは、ライザップと違って無条件で返金というものではありません。

▼返金申請に必要な条件がこちらです

全額返金制度を利用するための条件

24/7ワークアウトの全額返金を利用するには、「以下3つの条件」を全て満たす必要があります。

  • 申請は初回トレーニングから起算して30日以内にすること。
  • トレーニング日時の予約変更を3回以上していないこと。
  • トレーニングの無断欠席、トレーニング日時から24時間以内での予約更、又は予約キャンセルのいずれもされていないこと。

※購入した物品等の料金については、全額返金の対象外。
※全額返金制度を利用すると、もう24/7ワークアウトには入会できません。

ラムダの返金制度

ラムダは年会費制のため、返金制度というものがありません。
疑問点がある場合は「無料カウンセリング」の際によく確認しておきたいですね。

宇都宮市にあるパーソナルジムの店舗情報

ライザップ宇都宮店のアクセスと営業時間など

ライザップ宇都宮店の場所

  • 住所:宇都宮市池上町4-2 アソルティ宇都宮4F(1Fがデイリーヤマザキになっています)
  • 最寄り駅:東武宇都宮駅(徒歩4分ほどの距離です)
  • 営業時間:7:00~23:00
  • 駐車場:ライザップ宇都宮店には提携の駐車場は用意されていません。車で通う場合は周辺のコインパーキングを利用することになります。
  • 電話番号:0120-700-900(全店共通の総合窓口となります。会員になるまで宇都宮店へ直接電話することはできません。)

>>無料カウンセリングの申し込み(ライザップ)

リボーンマイセルフ宇都宮店のアクセスと営業時間など

リボーンマイセルフ宇都宮店の場所

  • 住所:宇都宮市駅前通り3-1-8 つちや第2ビル3F
  • 最寄り駅:JR宇都宮駅(徒歩1分ほどの距離です)
  • 営業時間:平日10:00~22:00/土日祝9:00~19:00
  • 駐車場:提携の駐車場を完備
  • 電話番号:028-689-9814(全店共通の総合窓口となります)

>>無料カウンセリングの申し込み(リボーンマイセルフ)

24/7ワークアウト宇都宮店のアクセスと営業時間など

24/7ワークアウト宇都宮店の場所

  • 住所:宇都宮市 駅前通り2-3-5 ユニマット宇都宮ビル2F
  • 最寄り駅:JR宇都宮駅(徒歩5分ほどの距離です)
  • 営業時間:7:00~24:00
  • 駐車場:24/7ワークアウト宇都宮店には提携の駐車場は用意されていません。車で通う場合は周辺のコインパーキングを利用することになります。

>>無料カウンセリングの申し込み(24/7ワークアウト)

ラムダのアクセスと営業時間など

ラムダの場所

  • 住所:宇都宮市 駅前通り3丁目4−5 U-SQUARE 7F
  • 最寄り駅:JR宇都宮駅(徒歩2分ほどの距離です)
  • 営業時間:10:00~23:00
  • 駐車場:ラムダには提携の駐車場は用意されていません。車で通う場合は周辺のコインパーキングを利用することになります。

>>無料カウンセリングの申し込み(ラムダ)