栃木県のイベント情報まとめ

【体験レポート】佐野市こどもの国|遊び場を写真たっぷりで紹介します

ロケットがそびえ立つ、ひろ~い屋外広場が印象的な「佐野市こどもの国」!

https://tochispo.com/wp-content/uploads/2018/02/sakusaku_douzo.jpg栃スポ編集部

今回は小学2年生の息子と7カ月になる娘を連れて遊びに行って来たので、写真をたっぷり交えながら「佐野市こどもの国」を紹介していきたいと思います。

▼佐野市の「室内遊び場」はこちらの記事で

佐野市の「室内遊び場」まとめ!雨の日でも子どもと一緒に楽しめるスポットを厳選して紹介

ロケットがそびえ立つ屋外広場は、傾斜があってダンボール滑りもできちゃう

▼屋外広場の一番奥にそびえ立つ、アメリカ製のロケット。

佐野市こどもの国のロケット
正式名は「マーキュリー・レッドストーンロケット」

▼中には入れませんが、横にある階段を上っていくと、一番上が展望台になっています。(1回100円の展望鏡もありました。)

▼展望台から見下ろした景色がこちら!天気が良ければ富士山が見えることもあるそうです。

登るのしんどかった・・・。

ロケットが立っている場所までは結構な傾斜になっているので、ダンボールを持ってくれば、ここから下に滑って遊ぶことも可能です!

佐野市こどもの国には、ロケットの他にも「宇宙探査機」をイメージした複合遊具があったりと、宇宙系の遊具には力を入れているようす。

▼こちらは屋外広場を360度カメラで撮影した画像です。(宇宙といえばUFO!という事でUFOのエフェクトを入れてあります)

佐野市こどもの国 #ufo3d #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

とにかく広いので、外遊びするにはうってつけの場所です。ボール遊びなんかも思いっきりできますね。
左側には藤棚で覆われた休憩所があって、夏場はここで日避けしながら休憩することが出来そうです。

▼そして広場の右側に行くと、Tレックスことティラノサウルスが登場!
この恐竜は滑り台やトンネルが混ざった複合遊具となっていて、口の中に入ることもできちゃいます。

佐野市こどもの国 の恐竜滑り台
正式名は「ガオーくん」。最近虫歯(破損)が増えてしまったらしい。

▼恐竜の更に奥へ進んでいくと、今度は池に浮かぶ漁船が登場!動きはしませんが、実際にのって雰囲気を楽しむことができます。

佐野市こどもの国の漁船
正式名は「桂神丸(けいしんまる)」
https://tochispo.com/wp-content/uploads/2018/02/sakusaku_yoshi.jpg栃スポ編集部

池の中には、鯉やザリガニ、亀が住んでいます。また、漁船の手前にあるじゃぶじゃぶ池では夏場に「水遊び」もできますよ!

佐野市の水遊び場まとめ!ちょっとマイナーなスポットも紹介しています

佐野市で「水遊び」するならココ!おすすめの水遊びスポット8選!

▼広場には「からくり時計」が設置してあって、時間になると「変なキャラたち」が扉から出てきて音楽とともに喋り出します。(正確にはこどもの国の王子とその仲間たちなんだそうです)

佐野市こどもの国の「からくり時計」

▼正面だけじゃなくて、左右と後ろの扉からもキャラクターが顔を出してきます。登場時間は5分ほどで、最後には「僕たちと写真撮ってね~」とアピール(笑)。延長時間は1分ほどです。

佐野市こどもの国のからくり時計に登場するキャラ

屋内施設はボールプールからチューブ滑り台、列車シミュレーターなど盛りだくさん

佐野市こどもの国は屋内施設も充実していて、赤ちゃんから小学生くらいの子どもまで幅広く楽しめるようになっています。もちろん屋内は冷暖房完備なので快適です。

▼早速中に入ると、正体不明な巨大バルーンがお出迎え!誰やねん。

佐野市こどもの国の王子様
その正体は、佐野市こどもの国の王子様「アーベルくん」。

▼入口の近くには、熱帯魚がたくさん入った横長の水槽が置いてあります。

佐野市こどもの国の熱帯魚の水槽

▼ボールプールは未就学児専用となっているので、赤ちゃんでも安心して遊ばせることができます。小学生を超えると、遊び方が激しくなってきますからね・・・。赤ちゃんだけなら安心です。

佐野市こどもの国のボールプール

▼小さいですが、図書コーナーもあるので読み聞かせなどもできますね。アンパンマン関連の本がいっぱいでした。

佐野市こどもの国の図書コーナー

▼こちらは不思議の森の入口です。中は全面鏡張りで、時間とともに明るさが変化していきます。

佐野市こどもの国の不思議の森

▼こちらは交通パノラマのコーナー。コントローラーを使って電車や新幹線を走らせることができますよ。

佐野市こどもの国の交通パノラマ
運休状態時間
運転10:00~10:30
休み10:30~11:00
運転11:00~11:30
休み11:30~12:00
運転12:00~12:30
休み13:00~13:30
運転13:30~14:00
休み14:00~14:30
運転14:30~15:00
休み15:00~15:30
運転15:30~16:00
休み16:00~16:30
運転16:30~17:00

▼床が斜めに傾いている、「斜めの部屋」なんてのもあります。「そんなもん大人に通用するか!」と思って入ったら見事によろけましたヨ!三半規管がかなり弱っている模様・・・。

佐野市こどもの国の「斜めの部屋」

▼交通シミュレーターなんかもあります。(電車でGO!ではありません)

佐野市こどもの国の交通シミュレーター

▼こちらは2階から滑るチューブ型のすべり台。滑り終わると髪の毛が逆立っていることでしょう。

佐野市こどもの国のチューブ滑り台

▼他にも、科学実験を兼ねた装置やパズルなどがたくさん置いてあります。

佐野市こどもの国の科学実験コーナー
佐野市こどもの国の科学実験コーナー2

▼体育館には、日によってはトランポリンなどのエアー遊具が出ていることもあるそうです。

佐野市こどもの国の体育館

▼人気のボルダリングにも挑戦することができますよ。普段はこども向けなので、途中までしか登れないようになっているようです。

佐野市こどもの国のボルダリング

佐野市こどもの国へ行った人の感想・口コミ

佐野市こどもの国へのアクセス・営業時間など

佐野市こどもの国の場所

【開館時間】9:30~17:30
【定休日】月曜日・第2木曜(祝日の場合は翌日が休み)
【料金】子供は無料。大人は200円。ただし、 両毛広域都市圏内在住者は無料。
【場所】佐野市こどもの国(栃木県佐野市堀米町579)
【駐車場】無料/100台
【電話】0283-21-1515
【備考】ベビーカー可(屋内施設を利用する際は、入口前にベビーカー置き場あり。)