栃木県のイベント情報まとめ

キッズピアあしかがってどんなところ?360度カメラの画像を交えて紹介

キッズピアあしかが

足利市にある「キッズピアあしかが」は、市の補助によって誕生した「低価格で楽しめる室内遊具施設」。

栃スポ編集部
今回は、足利市の人気スポット「キッズピアあしかが」の様子を写真たっぷりで紹介していきたいと思います。

広い!安い!楽しい!大人も子どもも嬉しいプレイスポット「キッズピアあしかが」とは?

「キッズピアあしかが」は、平成26年12月にヨークタウン2階にできた屋内遊具施設。

施設の広さは、なんと1,551平方メートル!
イオンの中に入っている「モーリーファンタジー」と比べると、圧倒的な広さです。

施設内は遊具の種類によって6つのゾーンに分かれていて、体を使って遊んだり、おままごとをして遊んだり、タブレットやPCを使って遊ぶブースなんかも設けられています。

キッズピアあしかが全体図

そしてもう1つの特徴が、利用料金。
キッズピアあしかがの利用料は、大人も子どもも1人100円と格安!

子どもの対象年齢は6カ月~12歳まで。
時間は80分入替のクール制となっています。

キッズピアあしかがの中はこんな感じ!

施設内は想像していたよりずっと広く、数えきれないほどの遊具で埋め尽くされていました。
これは子どもにはたまりませんね。

キッズピアあしかがの全体写真

360度カメラで撮ってみましたが、それでも全ては写しきれない広さ!

キッズピアあしかが #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

栃スポ編集部
それでは、各エリアの詳細を紹介していきますね。

アクティブゾーンの様子

「アクティブゾーン」には、体を思いっきり使って遊べる遊具がそろっています。

この料金でこの充実度はホントにすごい・・・。
もちろん、うちの息子(小1)も大興奮でした!

中でもお気に入りは、こちらの長~いトランポリン。

キッズピアあしかが(アクティブソーンのトランポリン)

ただジャンプするだけじゃなく、走って飛べるのが楽しんですよね。

栃スポ編集部
あまりにも楽しそうだから、僕も一緒に飛んでしまいました!

時間によっては、全員でズラーっと寝そべって「揺れ」を楽しむイベントなんかも行われています。

キッズピアあしかが内の参加型イベント

クライミングが出来るブロックもあります。
足場があるので、小さい子でも登り切れる難易度。

キッズピアあしかが(アクティブゾーンのクライミング遊具)

こちらはロープが張り巡らされたアスレチック遊具。
床が柔らかいので落ちても安心です。

キッズピアあしかが(アクティブゾーンの遊具)

ここでは、スタート地点から思いっきり走って、「突き当りにある急な坂を一気に登り切る!」という遊びができます。「風雲たけし城」を思い出しました。

キッズピアあしかが(アクティブゾーンの坂)

ボールプールゾーンの様子

キッズピアあしかがの「ボールプール」は超巨大!
滑り台に的当て、自動で動くUFO型の回転遊具もあって、めっちゃ楽しめます。

キッズピアあしかが(ボールプール)

ロールプレイゾーンの様子

「ロールプレイゾーン」には、物を作ったり、おままごとを楽しむ遊具が多数用意されています。
こちらは巨大なスポンジブロック。

キッズピアあしかが(ロールプレイゾーン)

おままごと用の設備も充実!本格的に楽しめます。

キッズピアあしかが(ロールプレイゾーンのおままごと)

知育パズルも何種類か置いてありました。

キッズピアあしかが(ロールプレイゾーンの知育玩具)

こちらはボールを穴に入れて転がすピタゴラスイッチ的なおもちゃ。
小さい子どもでも楽しめますね。

キッズピアあしかが(ロールプレイゾーンのおもちゃ)

こちらも小さい子向けの遊具。電車好きな子どもにはたまりませんな。

キッズピアあしかが(ロールプレイゾーンの列車)

プレイハウスは2階建てとなっており、小さい子どもにとってはちょっとした冒険気分が楽しめそう。

キッズピアあしかが(ロールプレイゾーンのプレイハウス)

プレイハウスの全体像はこんな感じ。結構長いです。

プレイハウスの全体図

サーキットゾーンの様子

「サーキットゾーン」には、三輪車や2輪車が置いてあります。
ただ自由に走るだけでなく、コースが描かれているのでレースも可能。

子供にとってはカーブがあるだけでも楽しいもんです。

キッズピアあしかが(サーキットゾーン)

メディアアートブースの様子

「メディアアートブース」では、タブレットを使ったアプリで遊んだり、人気のゲーム「マインクラフト」をプロジェクターの大画面で遊ぶこともできちゃいます。

キッズピアあしかが(メディアアートブースのマインクラフトの画面)

マインクラフトはパソコン版ですが、コントローラーが付属されているので子供でも操作可能。
初めて利用する場合は、スタッフさんが使い方を教えてくれます。

栃スポ編集部
足利市の街並みを再現したデータも用意されていました。

遊んだあとはフードコートでひと休み

キッズピアあしかがの隣にはフードコートが併設されているので、遊んだ後の休憩も楽チン。
ただし、おもちゃ売り場もあるので「おねだり攻撃には要注意」です・・・。

キッズピアあしかがのフードコート

飲食のメニューは、ドリンクの他にもベビーカステラやフライドポテト、たこ焼きにポップコーン、かき氷なんかも売っています。

フードコートのメニュー

利用する際の注意点など

キッズピアあしかがは時間帯で入れ替える「クール制」を採用しているため、行けばすぐ遊べるわけではありません。

営業クールは2019年3月現在、次のようになっています。

  • 第1クール   9:40~11:00
  • 第2クール 11:20~12:40
  • 第3クール 13:00~14:20
  • 第4クール 14:40~16:00
  • 第5クール 16:20~17:40
注意
営業クールは変更となる可能性があるので、お出かけ前にはキッズピアあしかがの公式サイトでご確認ください

また、土・日・祝日などは利用者が多く、チケットが売り切れてしまうこともあるそうです。
(チケットは当日の9:30から、全クール分を販売しています。)

僕が行ったのは10月の土曜日だったのですが、第2クールが始まった直後にいってもまだ余裕がありました。混んではいるのですが、オープン当初と比べればだいぶ落ち着いてきたみたいです。

それと、子どもは基本的に靴下を抜いで「はだし」で利用することになります。
実際は靴下を履いている子供もいっぱいいるんですけどね。(笑)

大人は靴下のままでもOKですが、子どもと一緒に遊んでいると靴下が白く汚れるので、気になる方は替えの靴下を持っていくといいかもしれません。

キッズピアあしかがのアクセス・営業時間など

【住所】栃木県足利市朝倉町2-21-16 (ヨークタウン足利2階)
【営業時間】9:40~17:40(80分入替制)
【対象年齢】6ヶ月~12歳
【利用料金】大人、子ども共に1人100円(大人の付き添いが必要です)
【定休日】毎週水曜日・12月31日・1月1日。(定休日が祝祭日及びGW等にあたる場合は、翌日等に変更)

キッズピアあしかがに行った人の感想・口コミ

 

View this post on Instagram

 

. . . . . 今日は2月生まれの子の お誕生日会でした✨✨ . みんなで 『ハッピーバースデー』を歌い お祝いをしました! . . 2月生まれの子は なんと7人も来てくれました! . 🎉おめでとうございます🎉 . . 毎月最終金曜日に お誕生日会をしています。 . 誕生日月のお友達 また 一緒にお祝いしてくれるお友達。 . 一緒に楽しい楽しい お誕生日会にしましょう。 . ご参加お待ちしております。 . . ※写真は保護者の方の許可を得て掲載しております。 . . . . #キッズピア#ボーネルンド#kids#足利市#kidspia#プレイリーダー#play#室内あそび場#栃木県#こども#あそぶことは生きること#お誕生日会

キッズピアあしかがさん(@kidspia_ashikaga)がシェアした投稿 –

以上、キッズピアあしかがの紹介でした!