mineo(マイネオ)は栃木県でも快適に使えるのか?ドコモから変更してみました

mineo 栃木ネタ
ヨッピー
こんにちわ、ヨッピーです。

僕はこれまで20年くらいドコモを使い続けてきたのですが、「夫婦で月14,000円越えはやっぱり痛いな。」と考えることが多くなってきました。

ドコモを20年近く使ってきたのに、割引率はスズメの涙ほどしかありませんしね・・・。

というわけで、学生以来ずっと使ってきたドコモの解約を決意!

格安SIMの中でも評判の良い『mineo(マイネオ)』に変更してみることにしました。

mineoの資料

栃木県でもmineo(マイネオ)は使えるのか?

いきなり話が脱線しますが、携帯電話が本格的に普及する少し前に、「PHS」というサービスがありました。

ヨッピー
ナウなヤングたちは当時、PHSのことを「ピッチ」って呼んでたね!

PHSの魅力は携帯電話よりも料金が安いことだったのですが、致命的な弱点もありました。

それが、「電波の繋がりにくさ」です。

特に地方都市での繋がりにくさは致命的で、栃木県でも主要都市の住宅街から少し離れると、たちまち圏外になってしまうありさま・・・。

あまりに繋がらないため速攻でPHSを解約し、携帯電話に切り替えたという苦い思い出があります。

ヨッピー
僕は『アステル』のPHSを使っていたんですが、自宅でも電波が弱くて常に窓際に置いていました。
アステルの写真

何が言いたかったのかというと、「格安SIMもPHSのように、栃木県のような地方都市では繋がりにくいのではないか?」と思っている人が結構いるということです。

特にPHSを使ったことがある人って格安SIMに対する抵抗感が強いらしく、僕の周りでも格安SIMは電波が繋がりにくいと思っている方が何人もいます。

でもそれは大きな間違いで、格安SIMであってもドコモやauと対象エリアは変わりません。

格安SIMはドコモやauの回線を間借りしているだけなので、対象エリアや電波の強さはまったく同じなんです。

mineoの電波は栃木県でも強いのか?

というわけで結論から言うと、マイネオは栃木県でも問題なく繋がります。

実際、宇都宮や小山市などの都市部だけでなく、鹿沼や日光、那須などのエリアもドコモ時代と同じような電波強度でつながっていました。

もちろん、佐野アウトレットのような人が密集している場所でも問題なく使えます。

栃木県にあるアウトレットの写真

マイネオに切り替えてから2カ月が経ちますが、「ドコモと比べて電波が繋がりにくくなった」と感じたことは一度もありませんでした。

mineoの通信速度は栃木県でも早いのか?

でも格安SIMにもデメリットがあります。
対象エリアや電波強度が同じでも、通信速度だけはドコモやauには敵わないんです。

とはいっても、体感的な影響が出るのは利用者が集中する「平日のお昼時」のみ。
正確には平日の12:00~13:00の1時間くらいです。

その時間の中でも、12:30~12:40の10分間は特に速度が遅くなるといわれています。

下の画像は速度チェッカーアプリで12:30と13:30頃の速度を計測したときのものです↓

12:30頃のマイネオの速度計測結果

12:30~12:40分の間はホントに遅い

時間によって速度が全然違いますよね・・・。
12:30の時点では速度が1Mbps程度しか出ていませんでした。

というわけで、この10分間の間はYoutubeを見たり、dマガジンを見たりといったデータ通信が多いアプリはほぼ使い物にならない感じです。(LINEやTwitter、GoogleMapなどは問題なく使えます)

スマホゲームも問題なく使えますが、何度もデータをダウンロードするタイプだと待ち時間が長くてイライラするかもしれません。

このお昼時10分間の通信速度が、マイネオも含めた格安SIM最大のデメリットとなっています。

 

逆にそれ以外の時間帯で「マイネオが遅い!」と感じたことは今のところありません。

14:00近くになると通信速度は一気に上がって100Mbpsを超えることもありました。
下手なWi-fi接続より高速ですね。

14:00頃にマイネオの通信速度を計測した結果

12:00代を過ぎると驚きの100Mbps越え!

お昼の時間帯を除けば、ホント快適に使えます。

mineoにすると電話料金は高くなるの?

ドコモの場合、月額使用料2,700円のカケホーダイプランなら誰に何分かけても通話料がかかりませんでした。

これは普段電話を頻繁に使う方にとっては、非常に多きなメリットですよね。
僕もコレがあるために、今まで格安SIMに変更するのをためらっていました・・・。

ヨッピー
実際のところカケホーダイの半分の料金も電話してないんですけど、「使い放題」ってすごく安心感のある言葉ですよね。

でもマイネオには「mineoでんわ」「ララコール」といった通話料を安くしてくれるサービスが充実しているので、実際の通話料はキャリアと比べても安くなる可能性が高いです。

特に素晴らしいと思ったのが「ララコール」というサービス!
これを使うと固定電話へかけたときの通話料が3分8円になるので、医者や美容室などの予約で電話料金を気にすることがなくなりました。

マイネオの電話サービスについてはこの後くわしく紹介していきますね。

栃木でマイネオを使う際の疑問まとめ
  1. マイネオの電波強度や繋がるエリアはドコモやauと変わらない。
  2. マイネオにしても外での通信速度はあまり気にならない。
    ※ただし、平日のお昼時だけは極端に遅くなる。
  3. マイネオの電話サービスを使えば電話代も高くならない。

マイネオは電話代を安くできるサービスが充実している

マイネオの運営会社は関西で光通信サービスを提供している「ケイ・オプティコム」。
そのため、電話代を安くできるサービスが非常に充実しています。

  1. 「mineoでんわ」(月額使用料なし)
    通常だと30秒20円かかる通話料が、半額の30秒10円になるサービスです。
    090などで始まる自分の番号で発信することができます。
  2. 「mineoでんわ10分無料」(月額850円)
    10分までの通話なら何回かけても定額となるプランです。
    毎日頻繁に電話する人向けのサービスですね。
  3. 「ララコール」(月額100円)
    mineoでんわより通話料が安く、ケータイ電話宛てなら30秒8円でかけられます。
    それに加えて固定電話への通話料が3分8円と激安になるのが特徴です。
ちなみに「ケイ・オプティコム」は関西電力のグループ会社です。

「mineoでんわ」で通話量が半額になる!

mineoでんわ

「mineoでんわ」とは、専用のアプリを使った電話サービスのこと。

使い方はキャリアの電話とまったく変わらないのですが、このアプリ経由で電話するだけで通話料を半額にすることができます。

また、月額850円で10分以内の国内通話がかけ放題になる「定額制サービス」もあるので、キャリアのような安心感とお得感を得ることもできます。

1カ月に43分以上電話をかける人は「定額制サービス」のほうがお得かもしれませんね。

ヨッピー
mineoでんわは電話帳を自動でインポートしてくれるので、契約後にアプリをインストールすれば簡単に使えちゃいます。
面倒な設定がいらないから楽チン!

固定電話に掛ける場合は「ララコール」を使えば3分で8円に!

ララコール

病院や美容室の予約など、固定電話あてに電話をする機会って結構ありますよね。

その場合、ララコールというサービスを使うと「3分で8円」という激安価格で電話をすることができます。

ケータイへの通話料も30秒8円と半額以下になります

しかも月額使用料100円の中には100円分の無料通話が含まれているので、実質0円で使うことができるという特典つき。

ララコールは「ケイ・オプティコム」が提供しているサービスのため、これはマイネオユーザーだけの特典となっているんです。

100円分というと凄く短い時間しか通話できないように思えますが、

●ケータイへの通話なら最大6分
●固定電話への通話なら最大36分

電話をかけることが出来るんです。

僕はもっぱら固定電話への通話にララコールを使っているのですが、無料通話分の100円だけで1カ月持たせることが出来ています。

ただし、ララコールは発信元の番号が「050」で始まるIP電話の番号になってしまうので、「mineoでんわ」との使い分けが必要になってきます。

マイネオの電話サービスまとめ
  1. 090などで始まる自分のケータイ番号から掛けたい場合は「mineoでんわ」が便利。
  2. お店などの固定電話にかける場合は「ララコール」を利用すると電話代がすごくお得になる。

栃木県でmineoを使ってみて感じたデメリット

栃木県の風景

ドコモからマイネオに変更して1カ月ほど経ちますが、今のところデメリットに感じるのは「平日のお昼時間帯の通信スピード」くらいです。

ただこれも、人口が密集している都心部に比べれば通信速度は速めです。
先日東京へ行ったときに実感しましたが、栃木のほうが明らかに速いですね。

それでも12:30~12:40の間だけはガクッと通信速度が下がるので、それさえ我慢できれば都心部より栃木県のような地方都市のほうが快適に使えると思います。

 

あと、栃木県にはドコモショップやauショップのようなマイネオの公式ショップがありません。

マイネオの公式サイトはすごく分かりやすく作られているので「申し込み方法」や「契約後の流れ」で分かりづらいところは少ないのですが、ネットでの申し込みに抵抗がある人にとってはデメリットかもしれません。

ドコモからマイネオにして料金はどうなったか?

mineoの資料

というわけでドコモからマイネオに変更したわけですが、料金がどう変わったかというと・・・。

ドコモ時代の料金

●カケホーダイプラン(2,700円)
●データMパック(5,000円)
●spモード使用料(300円)
●ケータイ補償(500円)
●ずっとドコモ割(ー800円)

合計:7,700円

マイネオの料金

●ドコモDプラン3GBデュアルタイプ(1,600円)
●ララコール使用料(100円)
●通話料(100円)

合計1,800円

というわけで、半額どころか1/4以下になりました。

妻との合計でも3,600円ちょいなので、二人分でもドコモの半額程度です。

ヨッピー
格安SIMの価格に慣れてしまうと、もうキャリアには戻れませんね!

マイネオの詳細はこちらです
あなたのスマホそのままで使える!mineo