栃木県の人気いちご狩りスポット8選

栃木といえば、やっぱり苺!一番おいしい時期は、1月中旬から3月中旬ごろです!

%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%94%e7%8b%a9%e3%82%8a

今年もいちご狩りの時期がやってきました!

いちごは栃木の名産品だけあって、栃木県内には「いちご狩り」が出来るスポットがたくさんあります。

栃木のいちごと言えば「とちおとめ」が有名ですが、最近誕生した新品種の「スカイベリー」や、幻のいちごとも呼ばれる「とちひめ」など、珍しい品種が楽しめるスポットもあるんです。ここでは栃木県で特に人気の高いいちご狩りスポットを8つ紹介していきます。


栃木県のいちご狩りで楽しめる、苺の種類と特徴

まずは、栃木県のいちご狩りで食べられる苺の種類を簡単に紹介します。

◆とちおとめ◆
tohiotome_img01
極めて大果で揃いが良い。色鮮やかで光沢がある。
上品な甘さ。なめらかでジューシーな食感と独特の芳香が特長。

◆スカイベリー◆
skyberry_img01

甘みが強く、果汁が多い。食味もしっかり。
程良い酸味もある。味のバランスが良く、苺らしい苺。

◆とちひめ◆
tohihime_img01

皮がとても柔らかいため、出荷が困難で市場には出回らない。
果肉がやわらかく、優しい甘さでとてもみずみずしいのが特長。

スポンサーリンク


栃木県のオススメ「いちご狩りスポット」を紹介

いちごの里(小山市)

%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%94%e3%81%ae%e9%87%8c

~いちご狩りが出来る品種~
・スカイベリー・とちおとめ・とちひめ
※2017年度は「とちひめ」の開催は中止となりました。

~このスポットの特徴~
テレビでも取り上げられる事が多い人気のいちご狩りスポット。新品種のスカイベリーが食べられる貴重なスポットでもあります。夕方から電照ハウスで楽しめる「ナイトいちご狩り」が出来るのも特徴。美味しいデザートが楽しめるレストランも併設されているので、家族連れからカップルまで楽しめます。

【期間】1月1日(日)~5月GWまで
【休み】いちご狩り期間中は毎日営業
【利用方法】完全予約制(電話・インターネット)
【電話】0285-33-1070(9:00〜17:00)
【価格】
●スカイベリー:1,500円〜2,000円/30分
●とちおとめ:1,000円〜1,700円/30分
●とちひめ:1,600円〜1,700円/30分
※いちご会員価格・オンライン予約で1割引。時期によって価格が変動します。
【場所】栃木県小山市大川島408
【WEBサイト】
いちごの里ホームページ


どまんなか田沼観光農園(佐野市)

%e3%81%a9%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%8b%e8%8b%ba

~いちご狩りが出来る品種~
・とちおとめ

~このスポットの特徴~
「道の駅どまんなかたぬま」に隣接しているいちご狩りスポット。どまんなかたぬまは、地元の物産品や名産品が充実しており、足湯も楽しめるスポットとして有名です。電話予約なしでも空きがあれば入園できるので、急にいちご狩りがしたくなった場合の選択肢として有力なスポットです。

【期間】1月14日~5月中旬(予定)
【休み】月曜日(月曜日が祝日の場合は営業)
【利用方法】電話予約。空きがあれば当日でも入園可能。
【電話】0283-62-8838(9:00~16:00)
【価格】1,000円~1,500円
【場所】栃木県佐野市小見町362
【WEBサイト】
どまんなか田沼観光農園ホームページ


アグリタウン(佐野市)

%e3%82%a2%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3%e8%8b%ba

~いちご狩りが出来る品種~
・とちおとめ

~このスポットの特徴~
佐野プレミアムアウトレットや佐野厄除け大師からのアクセスが良く、ショッピングや観光のついでに寄るにはちょうど良いスポットです。いちご狩りは予約制ですが、敷地が広いのでピーク時でなければ順番待ちで入れる事も多いです。

【期間】12月28日~5月上旬
【休み】いちご狩り期間中は毎日営業
【利用方法】電話かインターネット予約。空きがあれば当日でも入園可能。※インターネット予約には会員登録が必要です。
【電話】0283-20-5215
【価格】1,000円~1,700円/30分
【場所】いちご園が2つあります(苺の実り具合によって案内先が決定します)
●第一農場(佐野市植下町3510)※アグリタウンより西へ1km
●花の丘農場(佐野市植下町802-4)※アグリタウンそば
【WEBサイト】
佐野観光農園アグリタウンのホームページ


いわふねフルーツパーク(栃木市岩舟町)

%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%b5%e3%81%ad%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%e8%8b%ba

~いちご狩りが出来る品種~
・とちおとめ・スカイベリー・とちひめ
※2017年度は「とちひめ」の開催は中止となりました。

~このスポットの特徴~
万葉集にも詠われた、「みかも山」の麓にあるスポットです。すぐ近隣にある「みかも山公園」は小さな子どもが思いっきり遊べる人気スポットとなっているので、家族連れには特におすすめしたいスポットです。

【期間】12月26日~5月
【休み】いちご狩り期間中は毎日営業
【利用方法】電話予約制
【電話】0282-55-5008
【価格】
●スカイベリー:2,000円/30分
●とちおとめ:1,000円〜1,700円/30分
【場所】栃木県栃木市岩舟町下津原1585
【WEBサイト】
いわふねフルーツパーク


アグリの郷(栃木市)

%e3%82%a2%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%81%ae%e9%83%b7%e8%8b%ba

~いちご狩りが出来る品種~
・とちおとめ・とちひめ

~このスポットの特徴~
店に出回ることが少なく、幻の苺とも呼ばれる品種「とちひめ」のいちご狩りが楽しめる貴重なスポットです。値段も「とちおとめ」より100円高いだけなので、とちひめが食べてみたい!という方には有力な候補となりそうです。

【期間】12月上旬~5月上旬
【休み】木曜日
【利用方法】「とちひめ」のいちご狩りは予約制。入園料は「とちおとめ」の100円増。
【電話】0282-27-0882
【価格】1,000円~1,500円/30分
【場所】栃木県栃木市大塚町128-1
【WEBサイト】
観光農園アグリの郷ホームページ


福田いちご園(宇都宮市)

福田いちご園苺

~いちご狩りが出来る品種~
・とちおとめ

~このスポットの特徴~
餃子で有名な宇都宮市にあるいちご園です。空中高設栽培されているハウスもあるので、しゃがまずに立ったままいちご狩りを楽しむことができます。直販所では新種のスカイベリーも販売していますよ。

【期間】12月1日~5月31日
【時間】10:00~16:00
【休み】いちご狩り期間中は毎日営業
【利用方法】予約制(電話またはFAX)
【電話】028-669-2340
【価格】1,000円~1,500円/30分
【場所】栃木県宇都宮市石那田町876-8
【駐車場】あり(20台)
【WEBサイト】
福田いちご園のホームページ


日光ストロベリーパーク(日光市)

日光ストロベリーパーク苺

~いちご狩りが出来る品種~
・とちおとめ・スカイベリー・紅ほっぺ・やよいひめ
※いちごの生育状況で案内できる品種が決定するため、事前に指定することはできません。

~このスポットの特徴~
最近人気が急上昇している「紅ほっぺ」を生産している農園です。生育状況によっていちご狩りできる品種が決定するので指定はできませんが、他にも「やよいひめ」など変わった品種でいちご狩りが楽しめるかも。高設栽培されているハウスもあるので、しゃがむのがツライ方でもOK。練乳無料のサービスもあります。

【期間】12月10日~6月上旬
【時間】10:00~16:00
【休み】火曜日(祝祭日の場合は営業)
【利用方法】電話予約またはインターネット予約優先だが予約なしでも可(状況により混雑の可能性あり)
【電話】0288-22-0615
【価格】1,500円~1,700円/30分
【場所】栃木県日光市芹沼3581
【駐車場】あり
【WEBサイト】
日光ストロベリーパークのホームページ


JAはが野益子観光いちご団地(益子町)

益子観光いちご団地苺

~いちご狩りが出来る品種~
・とちおとめ

~このスポットの特徴~
合計111棟のいちごハウスがある、北関東最大のいちご狩りスポットです。ハウスの数が多いため、基本的に予約は不要。また、高設栽培をはじめ、ほとんどのハウスがバリアフリーとなってるのも特徴です。益子は陶器の街としても有名ですが、買い物や散策でおなかが減ったら気軽によることができそうです。時間制限が無いのも嬉しいですね。

【期間】12月17日~5月中旬
【時間】9:30~15:30
【休み】いちご狩り期間中は元旦以外営業
【利用方法】予約不要(ただし20名以上で利用する場合は電話予約が必要)
【電話】0285-72-8768
【価格】800円から1600円(時間制限なし)
【場所】栃木県益子町塙527-6
【駐車場】あり(150台)
【WEBサイト】
益子観光いちご団地のホームページ

スポンサーリンク

関連記事

栃木県南エリアの天気

ページ上部へ戻る