【足利市】徳正寺で繭玉市が1月13日に開催されます

参道にたくさんの繭玉が並ぶ、徳正寺の伝統行事

mayudamaichi

この繭玉市(まゆだまいち)、昔は養蚕家が「繭や蚕が無事に育つように」と祈るための行事だったのですが、足利が繊維の街として盛んになってきた頃から「織物や家業がますます繁栄しますように」と商売繁盛を祈る行事になったそうです。

ちなみに繭玉とは「繭に見立てた玉を小枝に刺した縁起物」のこと。

新年1月13日の開催だけあって、徳正寺の石門から参道が、露店と参拝客で賑わいます。
繭玉をつるした繭玉飾りの他、招き猫やだるまなどの縁起物も販売されますよ。

スポンサーリンク


<イベント情報>
【日時】2017年1月13日(金)<毎年同日開催>
【時間】9:00~20:00頃
【場所】栃木県足利市本城3丁目2090(徳正寺)
【電話】0284-21-5797 (徳正寺)
※車は足利市役所の無料駐車場にも止めることができます。

<参考情報>
足利市ホームページ
栃木県南エリアのイベントカレンダー2017年1月