佐野厄除け大師の初詣情報(参拝時間・祈願料・正月の混雑状況など)

年末年始のテレビCMで有名な「佐野厄除け大師」。

正式名称は「惣宗寺(そうしゅうじ)」という天台宗のお寺で、「関東の三大師」の1つとして、青柳大師、川越大師と一緒に数えられることが多いです。

初詣に来られる方も非常に多く、毎年50万人以上を越える大賑わい!

全国の初詣スポット人気ランキングでも11位を記録しており、関東屈指の初詣スポットとなっています。

今回の記事では、佐野厄除け大師で初詣をするのに役立つ情報を紹介していきたいと思います。

佐野厄除け大師の初詣の日程(2017年から2018年)

大晦日からお正月に掛けての参拝時間、お守り授与などの情報について紹介していきます。

<参拝時間>
  • 2017年12月31日
    ⇒23:30頃~除夜の鐘が鳴り出します。(一般参加可能。2時間前より整理券配布)
  • 2018年1月1日
    ⇒0:00~19:00まで
  • 1月2日・3日
    ⇒6:30~18:00まで
  • 1月4日以降
    ⇒8:00~17:00まで(お守授与)

厄除け、方位除けの料金(祈願料)は?

dsc04327_r

佐野厄除け大師での「厄除け」、「方位除け」の祈願料は次の通りです。

厄除けの祈願料
  • 3,000円(今回だけの祈願)
  • 5,000円(毎月祈願してくれます)
  • 10,000円(毎日祈願してくれます)
  • 30,000円(特別祈願として、本殿で個別に祈願をしてくれます)
  • 50,000円(内容は30,000円と同じです)
方位除けの祈願料
  • 5,000円
  • 10,000円

※「特別祈願」を申し込むとお札が豪華になり、お坊さんが護摩を焚く火の前に案内されて、10分程個別に祈願をしてくれます。

ちなみに、厄除けと方位除けが同時に当てはまる場合は、5,000円以上であれば、同時に祈願してくれるので、祈願料を別々に払わなくても大丈夫とのこと。

厄除け、方位除け以外の祈願内容は?

佐野厄除け大師というと、「厄除け」、「方位除け」が有名ですが、これ以外も次の祈願を受け付けています。

●身体安全●家内安全●商売繁盛●心願成就●交通安全●無事安産●海外渡航安全●虫封じ●新築●方位除災●社内安全

こちらの祈願料は全て5,000円、10,000円からとなっています。

スポンサーリンク

厄除け、方位除けに自分が当てはまるか調べよう

佐野厄除け大師では、生まれた年を1歳として数える「数え年」を用いているので、男性なら今年41歳になる方が42歳の大厄となり、女性なら今年32歳になる方が33歳の大厄となります。

<参考情報:平成29年の厄年早見表>
yakuyoke

<参考情報:平成29年の方位除け早見表>
houiyoke

また佐野厄除け大師では、節分の翌日「立春(2月4日)」を厄年の切り替え日としているのでご注意を!

例えば、平成30年の場合は・・・

<男性の場合>
昭和52年生まれの方が「本厄」となりますが、昭和52年の1月1日から2月3日までの間に生まれた方は「後厄」になります。

<女性の場合>
昭和61年生まれの方が「本厄」となっていますが、昭和61年の1月1日から2月3日までの間に生まれた方は「後厄」になります。

佐野厄除け大師の駐車場をGoogleマップにまとめてみました

お正月期間中は無料の臨時駐車場がたくさん開放されています。

臨時駐車場の場所については、「佐野厄除け大師参拝者案内図」というものが毎年出回るのですが、地元民じゃないとちょっと分かりにくい地図になってるんですよね。

そこで、参拝者案内図のチラシに載っている臨時駐車場をGoogleマップにまとめてみました。
有料・無料の駐車場と、市営の有料駐車場を載せていますので、カーナビを設定するときの参考用にどうぞ!(右上をクリックすると大きな画面で表示されます)

お正月期間中は佐野厄除け大師から近い駐車場はすぐに埋まってしまうので、少し遠い駐車場から攻めた方が無難です。

1月10日を過ぎると参拝者の数も落ち着いてくるので、近くの駐車場でも止められるようになってきます。オススメはセブンイレブンの前にある「No.21」の駐車場。厄除け大師まで歩いて2分程度と距離が近く、敷地も広いので止められる可能性が比較的高いです。

大晦日から正月の混雑状況は?

佐野厄除け大師が最も賑わうのは、大晦日の23:30から元旦の2:00頃です。
2:00を過ぎると参拝者の数も落ち着いてきますが、元旦は人通りが途切れることがありません。

元旦は「屋台」を始め、すぐ隣にある「観光物産会館」も夜通し営業しています。

参拝の待ち時間は、元旦の日中が40分から60分程度。夜間は20分~30分程度となることが多いです。
ただ、大晦日が悪天候の場合は待ち時間も比較的少なくなります。

お正月期間中はバスツアー等で来られる方も多く、1月中旬ごろまで混雑は続きます。

大晦日から正月期間の参拝の流れ

まずは順路に沿って、本殿の左側で「祈願受付」を済ませます。

御朱印もここでもらうことが出来るのですが、佐野厄除け大師の御朱印は予め書いてある紙をいただく形になってます。

その後、受付のすぐ後ろにある「会計所」でお金を払ってお札をもらい、順番を待って本堂に入り、祈願をしてもらう、という流れになってます。(特別祈願を申し込んだ方は、本堂の隣にある別室に案内されます。)

本堂右側には、古いお札やお守りを返す場所、水子供養のお地蔵様がありますよ。

スポンサーリンク

佐野厄除け大師へのアクセス方法

<佐野厄除け大師(惣宗寺)>
【住所】栃木県佐野市金井上町2233
【電話】0283-22-5229

車でのアクセス方法
  • 東北自動車道「佐野藤岡インターチェンジ」から国道50号から県道9号を経由して佐野市役所方面へ。
    市役所の交差点を左折して、2つ目の信号を右折するとすぐ。(佐野藤岡インターから約5km)
  • 北関東自動車道「佐野田沼インターチェンジ」から県道16号線に出て、道の駅どまんなかたぬま方面へ南下します。どまんなかたぬまから、そのまま県道270号線を南下し、ミニストップがある交差点を左折して秋山川を越えるとすぐ。(佐野田沼インターチェンジから約6km)
電車でのアクセス方法
  • JRおよび東武「佐野駅」から徒歩で15分くらい。
  • 東武線「佐野市駅」から徒歩で10分くらい。
    ※「佐野駅」と「佐野市駅」は別の駅になるのでご注意ください。

<参考情報>
佐野厄除け大師ホームページ
佐野プレミアムアウトレット

参拝が終わってお土産を買うならここ

佐野厄除け大師のすぐ向かい側に、「佐野市観光物産会館」があります。

大晦日から元旦にかけては夜通し営業しているので、参拝後のお土産選びにピッタリ。
館内には佐野市の物産品が、なんと800種類も揃っています。

佐野市と言えば「佐野らーめん」をイメージする方が多いと思いますが、ここでは「持ち帰り用の生ラーメン」が売っています。

佐野らーめんの麺は「青竹手打ち麺」という、太さがバラバラにちぢれているのが特徴で、麺がスープに良く絡んで、踊っているような触感が楽しめます。もちろん、持ち帰り用の生麺もほとんどがこの「青竹手打ち麺」になってるので、お家でもその食感が楽しめますよ。

また、「開華」を始めとした佐野の地酒も豊富に用意されているので、お正月気分も高まります!
ゆるキャラグランプリ2013で優勝した佐野市のゆるキャラ「さのまる」のグッズもたくさん揃ってます。

佐野プレミアムアウトレットの新春初売りセール

佐野での買い物といえば、なんといっても「佐野プレミアムアウトレット」が有名ですよね!
年末年始も時間を変更して営業しているので、帰りがてら福袋のゲットにチャレンジしてみては如何?

年末年始の営業時間
  • 12月31日
    ⇒10:00~18:00
  • 1月1日~3日
    ⇒9:00~20:00
  • 1月8日
    ⇒9:00~20:00

※上記の日にち以外は通常営業(10:00~20:00)となります。


2 件のコメント