あしかがフラワーパークのイルミネーションを写真たっぷりで紹介します

ハウステンボスやさっぽろホワイトイルミネーションとともに「日本3大イルミネーション」に認定された「あしかがフラワーパークのイルミネーション」を、写真と共に紹介していきたいと思います。

あしかがフラワーパークのイルミネーションの様子

あしかがフラワーパークのイルミネーション1

入口からフラワーパークの中に入ると、左側に佇む山の傾斜に大きな虹のイルミネーションが飾られています。
スライドショーのようにサンタや汽車、太陽などが次々と現れ、汽車の汽笛が鳴る仕掛けも。
あしかがフラワーパークのイルミネーション2

通路の脇にある池には、光るスイレンの花が敷き詰められていました。
あしかがフラワーパークのイルミネーション3

小さな煙突小屋なんかもあって、まるでファンタジーの世界。
あしかがフラワーパークのイルミネーション4

スイレンが敷き詰められた通路を歩いて行くと、ひときわ大きく輝く光の塔が見えてきます。
あしかがフラワーパークのイルミネーション5

近くで見るとこんな感じ。中に入ることもできますよ。
あしかがフラワーパークのイルミネーション6

別の場所から撮影。光の輪に包まれながら、ベンチで休むこともできます。
あしかがフラワーパークのイルミネーション7

こちらは後ろ側から撮影したもの。光の塔の色は、時間とともに色合いが変わっていくようになっています。
あしかがフラワーパークのイルミネーション8

そしてこちらが足利フラワーパークのシンボルでもある「大藤」をイメージしたイルミネーション。
辺り一面に敷き詰められ、圧巻の美しさです。
藤のイルミネーション写真

園内にはところどころに売店があり、おみやげ品を販売しています。
暖色系の光でライトアップされて温かい雰囲気に・・・。
売店のイルミネーション写真

空をかけるサンタクロースと、サンタクロースの家。入口の前に立って記念撮影している人が多かったです。
サンタクロースのイルミネーション写真

木々が白い雪のように光る、森のような場所もありますよ。クリスマスに来れば雰囲気抜群です。
クリスマスイルミネーション

こちらは水面に光り輝くピラミッド。ピラミッドの色は金、赤、青、白と、刻一刻と変化していきます。
池に浮かぶピラミッドのイルミネーション

ピラミッドを抜けると、光り輝く空間が!
金色に光り輝くイルミネーション

中は一面、金色に輝く天井になっていて、光る鳥たちが飛び交う仕掛けも。
こちらも時間とともに明るさが変化するようになっていました。
明るさが最大の時は、目を見張るような輝きが天井いっぱいに広がります!
天井一面に光り輝く鳥のイルミネーション

360度カメラで撮影した大藤のイルミネーション

360度カメラで大藤の中から撮影してみました。
実際のイルミネーションは紫の光がとてもキレイで、非現実的なひと時を過ごせます。

足利フラワーパークのイルミネーション2016(大藤) #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

以上、駆け足で紹介してきましたが、さすがは日本夜景遺産に認定されたイルミネーション!
規模、装飾の仕方やデザインが素晴らしく、圧倒的な美しさでした。

スポンサーリンク

あしかがフラワーパークの混雑状況など

あしかがフラワーパークの外観写真
今回は平日の17:00ごろから入園しましたが、駐車場は結構余裕がありました。(正面駐車場が7割埋まるくらい)

パーク内も人混みで歩けない、という事は全くなく、ゆったりと観賞できましたよ。

寒さ対策は必要ですが、園内には業務用の大型ストーブが置いてあったりして、体が冷え切ったときにちょっと暖が取れる場所もあります。
暖を取れるストーブの写真

お馴染みのホットスナックからご当地グルメやらーめん、うどんまで、飲食店も充実していました。
あしかがフラワーパーク内の飲食店

ガラスで囲まれた建物の中に持ち込んで食べることも出来ますが、満室になっていることが多いみたい。
飲食できる建物

あしかがフラワーパークのイルミネーション情報

<イルミネーション情報>
【日時】2017年は10月21日から2月4日まで
【点灯時間】16:30~21:00 (土日祝は21:30まで)
【入園料金】大人900円/子供500円
【休園日】12月31日(土)
【場所】栃木県足利市迫間町607(あしかがフラワーパーク)

<参考情報>
足利フラワーパーク公式サイト
足利フラワーパークのイルミネーションが始まってます(栃スポ記事)


スポンサーリンク




1 個のコメント