【足利市】足利学校国宝展が10月22日~30日まで開催されます

足利学校にて「足利学校国宝展」が10月22日(土)~30日(日)まで開催されます

18070
(画像引用:足利市ホームページ)

昨年4月に「近世日本の教育遺産群」の1つとして「日本遺産」に認定された「足利学校」
その「日本遺産」認定の重要な構成要素である4種77 冊の 国宝書籍は、これまで広く一般に展示公開されたことはありませんでした。

それが今回、史跡足利学校日本遺産一周年記念を契機に、足利市民が先人たちから受け継いできた『知の遺産』である4種の国宝書籍を一堂に公開すそうです。

<公開する国宝書籍>
■周易注疏(しゅうえきちゅうそ)
『周易』は中国 周の時代の易占 の書で『易えききょう 経』ともいい、五経の一つ。
『注』はそれに注釈を付したもので、『疏』はその注釈をさらに解釈したもの。唐代に『疏』が加えられた。

■文選(もんぜん)
中国、梁(りょう)の時代に編纂された詩文集で、春秋時代から梁までの約1,000年間の代表的な詩文約800篇を集めたもの。

■礼記正義(らいきせいぎ)
『礼記』は中国周末秦漢時代の礼儀作法や釋せきてん奠などの儀礼を記したもので五経の一つ。
『正義』は唐代に編纂されたその注釈書。

■尚書正義(しょうしょせいぎ)
『尚書』は古代中国の政治方法を記したもので『書しょきょう経』ともいい、五経の一つ。
孔子の編纂ともいわれる。『正義』は唐代に編纂されたその注釈書。 本書は南宋時代の中国で刊行されたもので、 上杉憲実が寄進。憲実の手による『足利学校公用』の識語がある。

<イベント情報>
■期間:2016年10月22日(土)~30日(日)
■時間:9:00~16:30(受付は16:00まで)
■場所:史跡足利学校 遺蹟図書館
■料金:一般420円、高校生210円(ともに足利学校の参観料となります)

☆イベントの最新情報は「足利市のホームページ」にて。

足利市のホームページでは、足利学校の歴史をYoutube動画で見られますよ!

スポンサーリンク